海の家

 トップ

 ヒトコマ

 レシピ

 沖縄本

沖縄本レビュー

沖縄に関係のある本を紹介します。
手に入りにくい本についてはゴメンナサイ。

「ナミイ! 八重山のおばあの歌物語」

姜 信子‖著 岩波書店 

 少し前に「ナミイと唄えば」という映画が(県内の1映画館だけ、とかだったかもしれないけど)公開されていて、気にはなったのだけど結局行けなかった。、ということもあり、見つけた時に迷わず手に取った一冊。

 「ナミイ」こと新城(あらしろ)浪さん、この本が書かれた時点で85歳。9歳の時に石垣島から、那覇市辻の遊郭に売られてから、激動の人生を歩んできた。まともな学校教育は受けていないので、カタカナくらいしか読み書きできないけれど、いつも手元に三線があり、沖縄だけでなく、台湾の歌も、日本の歌も、なんだって体に染み込んでいる。即興も早弾きもお任せ。
 そんな彼女のこと、彼女との旅の様子、などを、著者の姜さんが自由に書いている。愛情と尊敬が感じられる文章。

 著者が自由に書いているので、読む方も、人それぞれの読み方があると思う。
 私は少しだけ「しまうた」をやっているので、本の中でナミイの歌う歌の、いくつかは知っている。沖縄・八重山の民謡は元より、昔の日本の流行歌、「籠の鳥」「ラッパ節」「さよなら港」なども、先生のアルバムに入っていたりして、馴染みがある。それだけに、このおばあに「おともだちになろうねぇ」と言われ、一緒に歌い、遊べる著者のことが、ひどく羨ましい。だって、本当に楽しそうだから。

 歌ってカミサマや人間を喜ばせ、喜びの力で寿命を延ばし、ヒャクハタチ(120歳!)まで生きたい!というナミイおばあ。本当に長生きして欲しい。そして、私も、ぜひ一度ライブを聞いてみたいと思う。

「ナツコ 沖縄密貿易の女王」

奥野 修司‖著 文芸春秋 

 沖縄では新聞で大きく取り上げられる等、かなり話題になった本。2005年 第27回 講談社ノンフィクション賞受賞。

 沖縄は太平洋戦争の際、日本で唯一、地上戦のあった場所だ。人もたくさん死んだし、何もかも焼きつくされ、文字通り、何もなかった。コーラのビンを切ってコップにしたり、空き缶を鍋にして使っていた、というのはよく聞く話。

 そんな状況から、短期間で奇跡的に復興を遂げることができたのは、「密貿易」をしていた人々(漁師が多かった)の力が大きかったようだ。
 「何もなかった」沖縄本島からは、米軍施設から盗んだり、拾われたりした、タバコや軍服、薬莢などが運び出された。バーター(物々交換)で、例えば与那国島からは、米や鰹節が、台湾からは砂糖や米などの食料品や、ペニシリンなどの医薬品(どれも沖縄では著しく不足していたものばかり)が運び込まれた。

 彼らは、沖縄本島、八重山、与那国、日本本土、台湾、韓国、などを縦横無尽に行き来していたようだが、中でも「夏子」は一番のやり手で、当時を知る人々の間では有名人だったらしい。30代の小柄な女性であったにも関わらず、男たちをあごで使い、情報通で先を読み、大儲けをした。立派な船も持っていた。

 、にも関わらず、彼女に関する文献はまったくなく、奥野さんもかなり苦労したようだ。「夏子」に関しては、どこでいつ産まれたのかもはっきりしない。戸籍さえもあてにならない。たくさんの人に聞き取り調査をした内容がこの本のベースになっているが、当時のことを知る人も少なくなり、執筆中にも何名かの方が亡くなられている。
 そういった意味では、本書の意義はとても大きい。「夏子」は、その影響力にも関わらず、この本がなければ、もうすぐすっかり忘れ去られ、歴史から消えてしまうはずの人だったのである。

「キラマガツー 慶良間の鰹一般釣り」

兼島 秀光‖著 ボーダーインク 

 沖縄料理は「味くーたー」。だしをよく使う。公設市場に行くと鰹節がたくさん売られている。
 昔、慶良間の鰹節「キラマガツー」は、品質がよいことで有名だったそうだ。この本は、渡嘉敷島で鰹節作りが盛んだった1950年代、中学卒業と同時に鰹漁船の乗組員となった著者の体験談である。

 「もの書き」専業でない著者が当時の日々を、素直な言葉で、いきいきと語っていて読みやすい。船で働く人々の、活気のある様子が目に浮かぶ。

 著者の兼島さんは、略歴によるとかなり波乱に満ちた人生を送られてきたようだ。鰹漁船を3〜4年で下りた後は一度那覇に出た後、島に戻り、漁業組合に就職、その後、再度那覇に出て、土木業に従事したり、「ゲンキ乳業」(現沖縄森永)に就職したりした後、タクシーの運転手をしている。
 この本の中では(意図的に?)まったく語られていないが、戦争体験者でもあり、沖縄タイムスに生々しい証言を寄せているのも、この兼島さんと思われる。
 こういった人生を送ってきた人が、過去、それも十代の若い頃を振り返って書いている文章だからこそ、の味もあり、懐かしさのようなものを感じる。

 慶良間で鰹節産業が盛んだったということを、この本を読むまで知らなかった。渡嘉敷島には時々行くが、そういった気配は全く感じられない。夏になると海水浴の観光客で賑わうあの島で、鰹工場がフル稼働していたなんて、不思議な感じ。今後、トカシクビーチから海を眺める度に、大漁旗を揚げて帰ってくる漁船を想像することになるかもしれない。

「人骨展示館」

又吉 栄喜‖著 文芸春秋 

 「豚の報い」で芥川賞を取った、又吉さんの、わりと新しい本。新聞で「仏語で出版されることになった」という記事を見て、読んでみたくなった。

 グスク(沖縄の昔の城)後から発掘された人骨について、色々な立場の人がいろいろなことを言う。主人公が発掘現場の地主だった家の娘と一緒に、奇妙な「人骨展示館」を作ろうとするが・・・といった話。1日(数時間)で読んでしまった。

又吉さんの他の作品同様、しっかり「地に足が着いている」感じがする。さすが芥川賞作家、落ち着きがある。難しい言葉を使っているわけではないのに(むしろシンプル)独特の雰囲気があり、面白いのだけど素直に笑えず、色々なことを考えさせる。

「ああ!オリオンビール」

花岡 恵林‖著 月刊沖縄社 

 沖縄県立図書館で借りてきた本。図書館での分類は「技術.工学」だったが、専門的な内容は全くなく、気軽に読める。文章も分かりやすい。

 著者の花岡さんは、元オリオンビールの社員で、企画調査課長。会社の経営について批判している本、とも受け取れるが、なにせ、出版が20年も前(1984年)なので、あまり気にならない。(というか興味がない)

 むしろ、沖縄の戦後復興時の様子が生き生きと書かれているところなどが面白い。日本から切り離された沖縄で「自ら生きていくための産業を!」とオリオンビールの設立から始まり、復帰に向かう大きな流れの中での数々のエピソードも、とても興味深い。

 オリオンビール、私も大好きでいつも冷蔵庫にある。沖縄にも内地(県外)のメーカーのビールが沢山入ってくるようになったが、是非是非これからも負けずに生き残って欲しい。

「イリオモテヤマネコの発見」

今泉 吉典‖著 小峰書店 

 これも沖縄県立図書館で借りてきた本。子供用のコーナーにあった。小学校高学年〜向き、かな。かなり専門的な内容が入ってくるにも関わらず、とても読みやすい。

 1965年、上野の科学博物館で働いていた著者、今泉さんの元に、当時外国だった那覇から「西表島でヤマネコの標本を手に入れた。哺乳類学会で鑑定して欲しい。」といった内容の手紙が届くところから、この本は始まる。

 このヤマネコが「新属」と認められるまでのプロセス、さらに著者が「新種」であることを証明するために証拠を集める過程が主な内容だが、「プロセス」「過程」というより「苦労話」という感じで、気軽に読める。写真や図、他のネコ類との違いを説明するスケッチが随所に入っていることも、読みやすさの一因。

 その後、科学の進歩により、DNA鑑定などで「新種説」は否定されている(既に発見されていた、ベンガルヤマネコと同種と考えられている)ようだが、DNA鑑定などない時代に、地道な、それはそれは大変な苦労をして、このヤマネコにについて調べられたことが分かり、すごい!と思う。

 続編「イリオモテヤマネコを追って」も、お勧め。こちらは実際に西表島に滞在して、ヤマネコの分布を調べた記録。これもまた(著者は体を壊しながらの)地道な、大変な調査だったようだ。

「夏化粧」

池上 永一‖著 文芸春秋 

 これも沖縄県立図書館で借りてきた本。文庫になるのを待っていたけどなかなかならないので(笑)。

 石垣島らしい南の島が舞台。産婆のおばぁが息子にかけた、姿が見えなくなるおまじないを解くためにがんばる、若い母親の話。

 思わず笑ってしまう、方言(一部カッコ書きで日本語訳あり)の会話、あっさり「神様」が出てきたりするところ(またこの「神様」がとぼけた、親近感のわくキャラだったり)、全然しめっぽくない葬式の場面、等々はいつも通り。

 、に加え、重くなりがちな内容にも関わらず、読んだ後にからっとした爽やかさが残った。物語の舞台となる、島の岬から見える、よく晴れた初夏の青空が目に浮かぶよう。必要以上に「感動の名作!」ではなく、ちょっと「ほろっ」とする程度の後味が気持ちよい。